英語ベビー&キッズシッター・ネイティブ家庭教師・ママ英会話@神奈川・東京

BB ビー・ビー.

BLOG

2015.12.17アプリ ,ママ英会話 ,語学学習

英語の本を子どもに読んで聞かせたい。

でも、英語に慣れた方でも英語の絵本を日本語のそれのように読むのは結構たいへんです。

そんなときはアプリを使いましょう。今回は子どもだけでなく大人も楽しめる英語の絵本アプリを3つ(3冊)ご紹介します。

1.赤ずきん 英語で読む世界の名作
英語ネイティブの音声で絵本を読んでくれるのはもちろん、字幕が「日本語・英語・日本語+英語」から選べます。もしかすると英語だけではお子さんがストーリーを追いかけにくいかもしれませんが、その場合はパパやママが適宜ストーリーを説明してあげればOKだと思います。有名なお話なのでだいたいのストーリーはご存知かもしれませんが、字幕を読めばより確かな情報が確認できます。アプリの音声を使わずほんとの絵本のように読み聞かせることも可能なので、英語に自信のあるパパやママはこちらのモードがいいかもしれません。


2.STORY TIME
アプリ自体は無料で、無料で読める本(データ?)も多いですが、アプリ内で課金によって読める本もたくさんあります(ただ、ドル表示なのが気になります・・)。無料版にはピノキオやジャックと豆の木、不思議の国のアリスなどがありました。このアプリは基本的に英語圏に向けてのアプリのようで、日本語の表示はありません。このアプリはタッチすると反応するので、お子さんは内容を完全に追いかけられなくとも前のめりでアプリに触ってくれるんじゃないでしょうか。収録本は年齢別やカテゴリー(ファンタジーやアドベンチャー etc.)で分類されていますので、読ませたい本を探しやすいアプリとしておすすめです。


3.Story Mouse
こちらも英語圏に向けてのアプリで日本語表示はありません。無料版と有料版があり、無料版にはわたしの知っている作品はありませんでしたが、なかなか楽しめました。有料版にはシンデレラや白雪姫があり、240円(円表示です!)から購入できます。作品そのものはおもしろいものが多いですが、上述の「STORY TIME」のような仕掛け的なものがないので、「アプリになった英語の絵本(ただし読み上げ機能付き)」と考えていただくとよいかと思います。



英語の絵本は(アプリだけでなく紙の絵本も)子ども向けであるがゆえに比較的わかりやすい単語が多く、英語に慣れていない方も楽しめますし、もちろん英語の学習としても使えます。さらにアプリ版ではネイティブによる読み上げ機能や、(アプリによっては)日本語字幕やテスト機能なども付いているので、学習ツールとしてアプリ絵本の利点は少なくありません。リーズナブルなのもポイントですね。

英語で読み聞かせをお考えの方はぜひチェックしてみてください。

*今回ご紹介したアプリはすべてiOS向けです。ご了承ください。