英語ベビー&キッズシッター・ネイティブ家庭教師・ママ英会話@神奈川・東京

BB ビー・ビー.

BLOG

2016.07.28文化

たまひよ」によると2015年に人気の名前は男の子が悠真(ゆうま)くん、湊(みなと)くん、蓮(れん)くん、女の子は葵(あおい)ちゃん、結菜(ゆいな)ちゃん、凛(りん)ちゃんがそれぞれのトップ3とのこと。

日本語が日本でのみ使われているせいか基本的に日本人に使われる名前は外国では聞きませんよね。

では(国によって若干の違いはあれど)同じ言葉を使う英語圏の国では人気の名前に違いがあるのかと気になったので調べてみました。対象は米国・英国・オーストラリア・カナダです。各国の2015年の人気ネームトップ5を比較してみました。

女の子は”Olivia”、男の子は”Noah”が人気。

女の子の名前ランキング。*表は参照サイトを参考にbb.にて作成

スクリーンショット 2016-07-28 午後3.56.13

続いて男の子。

スクリーンショット 2016-07-28 午後3.56.34

国をまたいでランクインしていたのは女の子は”Olivia”、男の子は”Noah”でした。Oliviaは対象国すべてで2位にランクインする安定した人気ぶり。

男の子の”Noah”は英国を除く3ヶ国でトップ5以内。ちなみに英国では11位にランクインしています。

表中の多くの名前が外国人俳優や映画内の役名で目にするので日本人にも聞き慣れたものが多い印象です。

人気ネームは国をまたぐ。

国は違えど英語圏では人気ネームは似る傾向があるようです。発音のしやすさだったり親族から名前をもらったりする文化も影響しているのかもしれません。

ちなみにカナダは英語とフランス語を公用語としていますが、フランスの人気ネームと比較するとカナダの人気ネームとしてランクインしているEmma、Lucasと言った名前がフランスでもランクインしていましたが、どちらかといえば英語圏の国と似た名前を付ける傾向があるように感じます。

 

日本では時代によって人気ネームが大きく変化しますが、今回比較した国では時代による大きな変化がないことも印象的でした。

参考サイト