英語ベビー&キッズシッター・ネイティブ家庭教師・ママ英会話@神奈川・東京

BB ビー・ビー.

BLOG

2014.03.26語学学習

インドの英語教育

英語を学ぶ人はこれからどんどん増えてくるし、学ぶチャンスも多くなると思いますが、学ぶことはあくまで手段として考えないといけません。

言語学者や英語教師ならともかく、ほとんどの人にとって英語は「使う」ためのものであり、学ぶことは目的ではありません。インターナショナルスクールやいくつかの大学では英語「で」学ぶ機会が多いと思いますが、まだまだ日本のほとんどの学校では英語「を」学ぶことに時間を使っています。

英語教育がさかんなインドやフィリピンではすでに小学校から英語「で」授業が行われるらしく、母国語を学校で使うのは国語の授業だけとか。国民のほとんどが「ふつうに」英語を話すにはこれくらいやる必要があるってことですね。

英語教育の早期化に反対する意見として「母国語も満足にできないうちに外国語なんて・・・」という声を聞きますが、わたしはこの意見には賛成しかねます。言語能力の発達は個人差によるもので、仮に母国語の能力が弱かったとしても、その原因を早期の外国語教育に押し付けるのは強引な気がします。

今からしばらくの間、日本は英語「を」学ぶ機会をどんどん拡充していきます。その次のステージである、英語「で」学ぶ機会の創出に日本全体が時間とお金を使うようになったとき、日本の国際化も加速するんじゃないでしょうか。

「国際化」は英語を目的とすることではなく英語を手段とすることですから。