英語ベビー&キッズシッター・ネイティブ家庭教師・ママ英会話@神奈川・東京

BB ビー・ビー.

BLOG

2015.01.22語学学習

書籍はもちろん、YouTubeやスマホアプリ、ブログで英会話のワンポイントレッスンが多く提供されたりと英語学習のための素材はそれこそ星の数ほど存在します。

バイリンガルの方が日本人の間違いやすいフレーズや発音などを丁寧に解説してくれるものも多く、とても勉強になりますね。

でもそこで学んだことを「英会話力」として身に付けるにはふだんから英会話に触れている必要があります。できれば教材ありきよりも、まず英会話をやってみて、それで自分の足りない部分を把握してからそういった教材に触れるべきです。

例えば自分は”work”と”walk”の発音に自信がない、とか”get”ってどういう使い方をするんだろう、みたいな課題を英会話の中で見つけて、それを解決するための手段として教材を利用した方が、やみくもに教材に触れるより絶対に効果的です。

とはいえ、英語力ゼロで英会話レッスンを受けることはおすすめしません。ほとんど言いたいことも言えず、もったいないことになりがちです。

英会話レッスンを受ける目安としてお勧めなのは「英語で辞書なしで日記が書ける」か否か、です。

ある程度書くことができればそれを口にすればいいので、流暢ではなくても会話できます。

日記は自分に起こったことや言いたいことを書くので、会話にそのまま使える部分が多く、日記を書くために学習した単語や表現をすぐまた使う可能性が高いです。

便利な表現として英語教材に紹介されていても自分が使わない表現では意味がないので、まず言いたいことありきで、必要なものを覚えていくと、定着も早いです。