英語ベビー&キッズシッター・ネイティブ家庭教師・ママ英会話@神奈川・東京

BB ビー・ビー.

BLOG

2015.12.10ママ英会話 ,語学学習

英語スクールやご自宅でのテキスト、あるいは小学校などでお子さんが英語に触れていると「なんで英語をやるの?」とお子さんに聞かれることがあるかもしれません。大人はなんとなく英語の重要性や便利さがわかりますが、そのまま子どもに言っても通じませんね。

子どもが納得できるように英語の便利さを説明するにはどんなふうに言えばいいでしょう?ちょっと考えてみました。

1.友だちがたくさんできる。
海外ではもちろん、日本でも外国人と遊べるようになるので社交的なお子さんにはぐっとくるんじゃないでしょうか。最近ではゲーム含めオンラインでも世界中と繋がれるので、英語ができることでの世界の広がり方は尋常ではないですね。

2.アニメの「ほんとの声」が聴ける。
アニメの「ほんとの声」というのも変な言い方ですね。俳優さんが演じるドラマと違い各国の声によるアニメが「ほんとの声」なのかもしれません。が、例えばアメリカ発のアニメであればアメリカで使われている声が「ほんとの声」と言っても嘘ではないですよね。英語圏の映画が好きなら伝わるメッセージかもしれません。

3.旅行でわがままが言える。
海外旅行に言ったとき、ほしい物があればパパ・ママを飛び越えて直接店員さんに交渉できます。店員さんと仲良くなれば欲しいものが手に入る可能性が上がるかも?と言うとお子さんは喜ぶかもしれませんが、保護者の方は痛しかゆしです。


科学的には、複数言語を日常的に使うことの効果として痴呆症になりにくいとか情報の処理能力が高くなるといった研究結果が出ているそうです。言語学習に終わりはないですね。