英語ベビー&キッズシッター・ネイティブ家庭教師・ママ英会話@神奈川・東京

BB ビー・ビー.

BLOG

2013.12.20英会話

英会話と運転の共通点
最近では就職就職活動する学生たちの英語力はかつてよりずっと高くなっているといいます。外資系企業はもちろん、日本企業でも英語を社内の公用語にする企業もあります。でもすべての企業が英語力を求めているわけではないし、英語力をまったく問わない企業はたくさんあります。

仕事を離れても、日本語だけで十分生活できるし、日本で生活していると外国語ができなくても不自由しません。

じゃあ英語が必要ないかって言うとそうでもなくてやっぱりできたほうが便利です。英語の便利さについて考えていると、これって車(自家用車)に似てるなぁと思うようになりました。

英語が(日常会話レベルで)話せることは特別ではない

日本人は英語が話せる人が諸外国に比べ少ないと言われますが、就活中の学生の英語力が高まっているように、英語が話せる人は確実に増えています。車だってかつては貴重品で誰もが欲しがりましたが、今では一家に一台、地域によっては一人一台です。

代替手段がたくさんある

英語が話せなくても、翻訳アプリや通訳を使えば困ることはありません。車に関しても、電車、バス、タクシーと車を持ってなくても行きたいところにはほぼ行けます。

必要な人には必要

いくらアプリが便利になって翻訳サービスを手軽に使えるようになっても英語を勉強する人はたくさんいます。車も同様に、公共の交通機関が身近にあっても車を必要とする人はいます。

使わないと忘れる

完全なバイリンガルは別として、後から覚えた外国語は使わないとあっという間に忘れます。それが必要な環境にしばらく身を置けば思い出しますが、使わない時間が長いほど勘を取り戻すのに時間がかかります。ペーパードライバーの方もいわずもがなですね。逆もまた真で、外国語を話す(車を運転する)時間が長いほどそれは上達します。

より自由に動ける

車があれば、電車がないところ、バスが走っていないところ、タクシーが捕まらないところ。そんなことは関係なしに動けます。語学も同様に、より身軽に自由に好きなところに行けます。スマホの充電が切れたって平気です。

「英語は必要か否か」という問いには答えがありません。「自家用車は必要か」という問にももちろん答えはありません。人によって状況は違うからです。

外国語サービスを提供するわれわれの立場から言っても、誰にでも英語(外国語)が必要とは思いません。でも英語が話せるとできること・拡がる世界は絶対にあります。だからこそ、語学ができることで得られる可能性を伝えていきたいし、実際にたくさんの方に語学を身につけて世界を広げてほしいと思っています。

英語を始めとした外国語に関心をお持ちの方、ぜひご相談ください。