英語ベビー&キッズシッター・ネイティブ家庭教師・ママ英会話@神奈川・東京

BB ビー・ビー.

BLOG

2014.03.03なんでも

海外と仕事する
わたしはもともと英語が好きだったこともあり、旅行はもちろん将来は海外で仕事をしたいなぁなんて漠然と思っていました。

これまでの仕事でも英語を使う機会はままありましたが、今がもっとも海外と関わった仕事ができています。

外国人のベビー/キッズシッターをご案内する仕事をしているからという以外にも、海外と仕事をしやすい環境が整ってきた、という要因もあります。日本人が海外と仕事をしやすくなったというだけでなく、世界中の人が国境を超えて仕事をする機会が激増しています。

最近ではこれまで社内で抱えていた業務をアウトソースする「クラウドソーシング」という仕事の仕方が広まりつつあり、フリーランスの方々が仕事を得る場も増えています。参考:Biz3.0

海外は日本よりクラウドソーシングがさかんで、こちらの記事によると複数のクラウドソーシングサイトにそれぞれ数百万人単位のフリーランスの登録があるようです。

一概には言えないものの、印象としては同じ業務でも海外のフリーランスに頼むと日本に比べ安くできる(クオリティはまた別として)ことが多く、またコンペを行うと案件によってはかなりの数の応募が集まるので、例えばシンプルなロゴの作成などは海外のクラウドソーシングを使うのは有効かもしれません。わたしも何度かロゴやチラシのデザイン業務を海外のフリーランスの方にお願いしました。

一方で複雑なコミュニケーションが必要になる案件は難しそうです。基本的に英語を使ってコミュニケーションを取るので微妙なニュアンスが伝わりにくいし、仮に伝わっても各国のトレンドが多少反映されるので、海外でよしとされるデザインでも日本で受け入れられるとは限りません。

これまでなんどか海外のフリーランサーと仕事をしましたが、課題はあるもののたいへん便利なのは間違いありません。

まだまだ海外のフリーランサーと日本がつながる機会は多くないと思いますが今後はきっと増えるでしょうし、日本人が海外の個人や企業と仕事する機会も同様に増えるはずです。

言葉の壁を超えて世界で活躍する日本人を増やしたい、という思いで英語・外国語でのベビー/キッズシッターサービスを運営していますが、現地に行かずとも世界で活躍できる時代がすぐそこに来ていることを強く感じます。